DSCN9511_convert_20130101104756_20130101110436.jpg

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩コースで思った事 - 2010.08.26 Thu

2010081906160000_convert_20100826064318.jpg
ボンの散歩中に気に成った事だけど、いつもの散歩コースの果樹園の敷地が綺麗に緑と茶色に色分けされている様に見えた。除草剤という言葉が一瞬にして浮かび、とりあえず、その場から離れた。この風景をみて思い出したのが私が住む埼玉県では2002年頃より農薬や除草剤を使用したと思われるペットの変死事件が発生している。これは下記の新聞の写しの様にまだ犯人は捕まっていないと記憶するが、埼玉県ではこの手の農薬などを使用したと思われる事件などが発生している。

埼玉で犬の変死相次ぐ 計10匹に いぬ イヌ
2002.04.25 夕刊 夕社 (全345字) 


 埼玉県岩槻市内を散歩させていた飼い犬一匹が二十四日、けいれんや呼吸困難の症状になり、同市の動物病院で死んだ。

 今月中旬、岩槻市の岩槻公園を散歩後に飼い犬九匹が相次いで死に、胃から有機リン系農薬が検出されるなどしており、岩槻署は動物愛護法違反などの疑いで捜査中。同署はこの犬の胃の内容物を鑑定し死因を調べるとともに、ほかの九匹の死との関連も調べる。

 調べでは、新たに死んだ犬は十四歳のオスで、二十四日午後六時十五分ごろから、飼い主の女性(54)が同市諏訪の市道などを約三十分散歩させた。

 九匹が死んだ岩槻公園から北に約二キロ離れており、同公園には立ち寄っていない。

 午後七時半ごろからけいれんを起こし動物病院へ運んだが、同十時半ごろ死んだ。飼い主によると、散歩中は何も口にしなかったという。

                                        朝日新聞社

吐いた肉から殺虫剤用農薬 蓮田の犬変死 /埼玉
2004.02.26 /埼玉 31頁 埼玉1 (全230字) 


 蓮田市黒浜の路上で21日、散歩中の犬がソーセージのようなものを食べて急死した事件で、岩槻署は25日、犬が吐き出した肉片から殺虫剤に使われる農薬「メソミル」が検出されたと発表した。

 同署によると、犬は肉片を食べた直後にけいれんし、泡を噴いた。同署管内の岩槻市では02年4月、公園で毒物を食べたとみられる犬6匹が変死し、胃から有機リン系農薬が検出された。久喜市でも同年5月、今回と同じメソミルを含んだ食パンを食べた犬が体調を崩す事件があったが、犯人は捕まっていない。


                                        朝日新聞社
 私の記憶であると2004年以降は農薬を使用した連続ペット変死は起こっていないと記憶するが、犯人もまだ捕まっていなかったと記憶する。とても残念な事ですが、実際にこの様な事件が起き、意図的な事件でなくてもペットの農薬中毒の話は全国的に耳にする話であり、自宅脇に除草剤を飼い主自体がまいた後、ペットのワンコが体調を崩した話なんてのは良く聞きます。ちょっと調べて見たのですが、私たちの身の回りには、農薬の他にもペットに(もちろん人にも)中毒を起こすような物質がいっぱいです。えっ、こんな物が?と思うような物が意外と危険だったりします。例えば車の不凍液。エチレングリコールが主体ですが、甘みがあるのでよく犬や猫がなめて嘔吐や下痢などの消化器症状の他、貧血やケイレンなどを起こし死亡することもあるそうです。 上記の新聞記事の様な意図的な物は到底許す事ができませんが、今日散歩をしていて気をつけなきゃと思ったので長文すいません。
フレンチブルドッグひろば
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

ポチっお願いします。
スポンサーサイト

残暑きびしいですね・・ - 2010.08.18 Wed

ボンチコ
ボンパパレポート

人間や馬は、体温の上昇に伴って発汗し、水分が蒸発する気化熱で体温を下げる。一方、犬や猫は足裏にしか汗腺がなく、発汗による体温調節ができない。

 このため、冷たい地面に体を付けたり、口を開けてハアハアと呼吸し、気管から放熱する。猫は体をなめて体表面を濡らし、気化熱で体内に蓄積した熱を逃がそうとする。

 だが高温多湿の環境に放置されたり、直射日光に長時間当たる、また暑い日中に激しい運動をすると熱を放散しきれず、体温が急激に上昇して熱中症に陥る。

 シーズーやパグ、フレンチブルドックなどの鼻がつぶれた短頭種は、気道が短い分、呼吸しても冷却面積が少ないので注意が必要だ。シベリアンハスキーやゴールデンレトリバーなど寒冷地原産種、高温多湿に弱いハムスターやウサギなどの小動物、肥満や高齢のペットも気を付けたい。

 熱中症の症状は(1)あえぐような激しい息遣い(2)大量のよだれ(3)足元のふらつき(4)ぐったり横たわる(5)意識喪失-と進行していく。犬は四一・七度、猫は四三・四度が致死体温といわれている。

 危険なのは車の中。(ボンは良く車で出かけるので注意してます。)エアコンを止めて閉め切った車内温度は、六〇度近くまで上がる場合も。「日陰だから」「曇りだから」という油断は大敵。できるだけ一緒に連れて行くため、ペットが入れる場所かどうか、事前に行き先の情報収集も心掛けたい。

 閉めきった室内も車内と同様に危険だ。特に日当たりが良く、気密性の高い集合住宅は想像以上に室温が上昇する。二五度くらいにエアコンを設定して出掛ける。扇風機はあまり意味がない。人間は風を受けて汗が蒸発し、涼しさを感じるが、犬や猫は汗をかかないので、風による涼感はない。

 屋外では直射日光が当たる場所、熱を持ちやすいコンクリートの上などで飼われている犬は熱中症に陥るケースが多い。暑い時間帯だけでも室内に入れたり、屋外に日陰をつくる。水をまいて地面を冷やすのも効果がある。

 散歩は早朝またはアスファルトの温度が下がった夜に。日中のアスファルトは高温で照り返しも強い。ペットボトルに水を入れ、休憩時に飲ませると良い。日陰や土、草のあるコースを出来るだけ選ぶようにしたい。

 熱中症が疑われた場合は、速やかに水浴をさせたり、冷水をかけて、体を冷やしてあげましょう。その後、近くの動物病院で手当てを受けてください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フレブル「ボンリコ」の日常

ボンはいくつになったの

リコはいくつになったの

プロフィール

フレブルボンパパ

Author:フレブルボンパパ
フレンチブルドッグ「ボン」と「リコ」のパパ「フレブルボンパパ」です。「ボン」と「リコ」の日常を見てやって下さい!

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (490)
はじめまして (2)
変顔? (8)
お散歩 (5)
日常 (15)
お出かけ (3)
気をつけて (2)
ニュース (4)
手作り (8)
カフェ (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入り

mrmac-bannar.gif whirlpoolfreelink1.jpg       ↓★手作りのミニチュア♪ mamas.jpg     ↓★ブールドーグ・フランセ bouledogue-111.jpg Mx2MefaM.png img7614.gif

FC2 AFFILIATE

アフィリエイト・SEO対策

タンデラックス普及促進委員会

タンデラックスとは↓

tandx

これだ↑ 下の検索フォームで検索するべし↓

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フレンチブルドッグひろば

フレンチブルドッグひろば

にほんブログ村

Buhi Life Net

link-bln.jpg

ボランティアプラットフォーム

ボランティアプラットフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。